HOME > 学校生活ブログ > 前期教育実習が本格的に始動

前期教育実習が本格的に始動

2024/6/5

 5月23日(木)から前期教育実習が本格的に始まりました。大阪教育大学教育協働学科の学生と本校卒業生が実習に励んでいます。

 実習初日のオリエンテーションでは、副校長や各分掌・委員会のそれぞれの先生からの具体的なお話があり、グループワーク・演習にも大変熱心に取り組みました。その後、職員室で実習生代表の挨拶と自己紹介があり、指導教員の先生方と打ち合わせを行いました。

 本校は、平野五校園・大学と連携した教育研究に取り組むとともに、質の高い教育実習の機会を提供することで、教員の養成・研鑽にも貢献するという社会的役割があります。平野校舎の教育実習期間中は、実習生のみならず生徒・教員にも学びや気づきがたくさんあり、一層活気が溢れます。生徒は普段、課題研究に取り組んでいますが、大学で卒業論文執筆にむけて研究をしている実習生にアドバイスをもらうなど、教科の授業以外でも交流を深めていきます。教育実習生には、実習期間中に教科指導・HR・学校行事等、学校現場における多くの経験を通して、社会人としての責任感・専門職としての高度な知識・総合的な人間力を身につけ、教職の魅力を実感してもらいたいと考えています。