HOME > ごあいさつ
photo

校舎主任 鈴木真由子

 大学入試改革が進む中、いわゆる“受験学力”のみではなく、生涯にわたって活用できる汎用性の高い“新しい学力”へと社会的ニーズが変容しています。附属高等学校平野校舎では、カリキュラム全体を通して、この新しい学力の獲得を目指しています。
 平野校舎は、1学年3クラス(120名)という「少数精鋭」による学習環境にあり、生徒ひとり一人の多様性を尊重した教育に取り組んでいます。また、学校教育目標でもある「創造探究」「自主自立」は、教科の学習のみならず、学校行事や生徒会活動、クラブ活動など、生徒が主体的に考え、対話し、アクションを起こす多様な場面で意識されており、結果として自己学習力を高めることが期待できます。

 本校舎は、平成26年度のアソシエイト校を経て、平成27年度から文部科学省「スーパーグローバルハイスクール(SGH)校」に認定されました。グローバル化する社会において、リーダーシップを発揮できる人材育成のプログラム開発を目指し、全生徒による【課題研究】、全教科における【アクティブ・ラーニング】、ルーブリックを活用した【評価指標の開発】に取り組んでおり、着実に成果を挙げています。
 SGHの活動では、大阪教育大学はもとより、大阪大学、京都大学、関西大学等との連携・協働により、講師やアドバイザー、ティーチング・アシスタントなど、主に【課題研究】において大学教授や大学院生からのサポートを得ています。地域における医師や行政職員、企業経営者など、社会で活躍している方々からも、さまざまな形でご協力をいただいています。海外フィールドワーク先のタイやカンボジアの医療関係者・NPOスタッフなどからは、多面的な視座の原点について、リアリティをもって学んでいます。
 SGHとしての取組は、まさに“新しい学力”を獲得するための活動です。生徒たちは、多様な人々やフィールドから大いに刺激を受け、着々と成果につなげてくれていますし、教職員も、さらなるスキルアップを目指して研鑽を重ねています。

 また、平野地区には本校舎の近隣に、附属幼稚園、附属平野小学校、附属平野中学校、附属特別支援学校があり、五校園で連携を図りながら教育研究に臨んでいます。こうした豊かな学びの環境が整っていることが、附属高等学校平野校舎の魅力です。

 可能性は無限です。本校舎では、生徒一人ひとりのチャレンジを応援します。“なりたい自分”に向かって、自己実現してくれることを期待しています。