HOME > ごあいさつ
photo

校舎主任 鈴木真由子

 附属高等学校平野校舎では、1学年3クラスという少数精鋭で学ぶ環境のもと、「創造探究」「自主自立」を大切にしています。
 「創造探究」を重ねることは、自己学習力の獲得につながります。その結果として、いわゆる“受験学力”だけでなく、生涯にわたる汎用性の高い学力を身に付けることが期待されます。
 自立には、「自ら課題を見つけ、学び、考え、主体的に判断し、行動する力」が必要です。
 本校には、学校行事や学習活動・課外活動を通して、生徒が自主的に考え、判断するための多様なチャンスが用意されています。教職員との信頼関係の中で、失敗を恐れず、「自主自立」の精神を発揮して、伸び伸びとチャレンジして下さい。
 近年では、グローバル化する社会においてリーダーシップを発揮できる人材育成のプログラムにも力を入れています。
 海外での語学研修はもちろんのこと、留学生との交流や海外の研究者へのインタビューなど、コミュニケーションスキルを活用して、少人数による問題解決型のプロジェクト学習(PBL)に取り組みます。それは、本校の特色である「少数精鋭」「創造探究」「自主自立」が結実した姿にほかなりません。
 また、平野地区には本校の近隣に、附属幼稚園、附属平野小学校、附属平野中学校、附属特別支援学校があり、五校園で連携を図りながら教育研究に臨んでいます。こうした豊かな学びの環境が整っていることも、本校の魅力の一つです。
 平成26年5月には新校舎が完成し、全教室に電子黒板も設置されました。整備された教育環境のもと、私たち教職員一同も、真のグローバルリーダーの育成を目指して全力を尽くしてまいりますので、皆さまの一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。