HOME > 特色、教育課程 ・学校概要    ・学校教育目標    ・本校の特色    ・本校の教育



学校概要


 1972(昭和47)年4月、大阪教育大学の3番目の附属高校として設立され、大阪教育大学や隣接する附属校園(幼稚園・小学校・中学校・特別支援学校)と連携をはかりながら、附属校ならではの教育と、1学年3クラスという小規模校だからこそ可能な取り組みを通じて、これまでに社会のリーダーとして活躍する5千に近い卒業生を輩出してきました。

平成26年5月には新校舎が完成、平成27年4月には文部科学省からスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定(5年間)を受け、大阪教育大学や包括協定を結ぶ大阪大学、京都大学、関西学院大学等と連携しながら、「多面的に”いのち”を考えるグローバルリーダーの育成」に取り組んでいます。また、海外においては、台湾・高雄師範大学附属高級中学やタイ・トリアムウドムスクサ高校と協定を結んで、生徒交流を実施しています。

 

 

学校教育目標


 教育大学附属高等学校として教育研究・教育実習・教育実践の充実をはかりながら、次の教育目標を定め、その達成に努力します。
○学力の向上をめざす健全で創造性豊かな人格の育成
○国際的視野に立ち自他を敬愛する人格の育成

また、スーパーグローバルハイスクール(SGH)においては、グローバルな課題をテーマとする研究活動(課題研究)や英語によるディベート、カナダやアジアにおける海外研修、海外や国内SGH校の生徒との交流等をとおして、課題解決力や英語によるコミュニケーション力等の向上を目指しています。

 

 

本校の特色


◆少数精鋭

 1学年3クラスという他校にない規模が本校の大きな特徴です。このメリットをいかし、生徒の本分である勉学にしっかり取り組む環境、個別に質問・相談しやすい雰囲気のもとで、生徒たちは日々の授業に真摯に取り組むことで高く、幅広い学力を習得しています。また、卒業生による職業ガイダンスや大阪大学等への訪問・見学、生徒、保護者対象の進路ガイダンスや保護者も交えた三者面談など、卒業後の進路などについて考えるプログラムも用意されています。

 

◆創造探究

 これからの社会に必要な「生きる力」とはどのような力でしょうか?ものごとを考え、新しいものを創造する基礎となる「基本的な知識や技能」はもちろんのこと、「チャレンジ精神」や「自分の意見を述べ、人と協働して物事を推進させる力」「自分で考え新しいものをつくる独創性」が必要です。
本校では、幅広く教科の学習だけでなく、SGHのプログラム(海外研修、国内外の高校生との交流、英語によるディベートやプレゼンテーション、大学や社会人の講義、課題研究など)や様々な学校行事をとおして幅広い学習ができます。

 

◆自主自立

 附属平野には「行事で育つ」という言葉があります。1年生の4月の「オリエンテーション合宿」を皮切りに文化祭、体育祭、様々な海外研修、沖縄体験学習、芸術鑑賞、スケート講習、海外高校生との交流など、数多くの学校行事があり、それらのほとんどは生徒が企画・運営をしていきます。各行事の運営を担当する生徒たちは、それぞれの行事について新しい企画を提案し改善を加えながら工夫を凝らしていきます。さまざまな体験をとおして、豊かな感性と行動力が涵養されることを大切にしていきます。

 



本校の教育課程



教育課程表(PDF)
  ※クリックで別タブでページが開きます。


平成29年度使用教科書の採択結果及び理由一覧(PDF)
※クリックで別タブでページが開きます。