HOME > お知らせ, 学校生活ブログ > 文科省より 「WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事 業」の拠点校に指定されました

文科省より 「WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事 業」の拠点校に指定されました

2020/4/10

4月10日、平野校舎は、文部科学省より、「WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業」のカリキュラム開発拠点校に選ばれました。

「WWLコンソーシアム構築支援事業」とは,新たな社会をリードし,世界で活躍できるイノベーティブなグローバル人材の育成を目的とし、これまでのスーパーグローバルハイスクール(SGH)の取組みの実績を活用しながら,高校生に高度な学びを提供するものです。

本年度、全国より12校が拠点校に指定されましたが、本校では、大阪教育大学の指導のもと、大阪大学や大阪府立大学、海外の大学や国際機関や民間企業、そして、国内・海外の高校と連携・協働しながら、先進的なカリキュラムの研究開発を進めていきます。

参考:

WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業「カリキュラム開発拠点校」の決定について https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/2020/mext_00177.html

令和2年度WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業における「カリキュラム開発拠点校」一覧 https://www.mext.go.jp/content/20200410-mxt_koukou02-000006116_01.pdf

令和2年度「WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業」カリキュラム開発拠点校一覧 https://www.mext.go.jp/content/20200410-mxt_koukou02-000006116_02.pdf

WWLコンソーシアム構築支援事業(令和2年度予算(案)) https://www.mext.go.jp/content/20200205-mxt_koukou02-100002282-01.pdf