HOME > English, SGH, 学校生活ブログ > 1年課題研究講演会

1年課題研究講演会

2016/10/13

第1学年を対象に、大学の先生方をお招きして講演会を行いました。

第1回:「防災・減災領域」

7月12日(火)京都大学大学院工学研究科の藤井聡先生から「日本とアジアの防災・減災」についてご講演をしていただきました。リスク管理の大切さや想像力の重要性、またタイでの実体験からタイで洪水が起こったときのリスク管理等のお話を伺いました。さまざまな興味・関心や疑問が湧きおこるお話していただき、課題意識を高める上で大変参考になりました。

IMG_2892 IMG_2897

 

第2回:「医療・保健領域」

7月13日(水)大阪大学大学院人間科学研究科の中村安秀先生をお招きし、「世界の健康問題~国際保健医療協力から~」というテーマでご講演をいただきました。途上国の健康問題やさまざまな医療課題をお教えいただくとともに、インドネシアに母子手帳を広められたご自身の経験から、「コミュニティの自主自立の精神」や「真の国際協力とは何か」について語っていただきました。また、一緒にお越しいただいたマダガスカルからの留学生、リナさんからは「マダガスカルの教育事情」について興味深いお話をいただきました。

IMG_2904 IMG_2918

 

第3回「格差・貧困領域」

7月15日(金)関西学院大学総合政策学部の四方理人先生から、「所得格差拡大は問題か?」というテーマでご講演をいただきました。格差・貧困が生じた歴史的経緯や背景、現代の社会における具体的な事象・事例などについて詳しくお話しいただいた上で、世界の格差と日本の格差の違い、日本の格差がなぜ拡大してそれらがなぜ問題なのかという点まで掘り下げて問題提起をしてくださいました。ご公演後の質疑応答を通じて、それらの問題提起についてディスカッションをしました。

IMG_2927 IMG_2930