HOME > SGH, 学校生活ブログ > 47期SGH課題研究「医療・保健」についての講演会

47期SGH課題研究「医療・保健」についての講演会

2018/7/13

甲南女子大学の中村安秀先生(大阪大学名誉教授)にお越し頂き、「だれひとり取り残さない国際保健医療をめざして」という演題でご講演をしていただきました。

 

中村先生は、国際保健医療の活動に長年取り組まれており、講演では、インドネシアにおける活動とご経験を踏まえ、現地の医療と保健の実状やご自身の実践について、貴重なお話しをいただきました。とりわけ、日本発祥である母子手帳については、その有用性と国際的な普及・活用への取り組みの重要性を分かりやすくご説明されました。

 

講演後は、生徒よりたくさんの質問と中村先生からの丁寧なご説明があり、議論に熱が入りました。教室へ戻ってからは、SGH課題研究に取り組むためのアドバイスなどをしていただき、中村先生と生徒が大いにディスカッションする様子がみられました。