HOME > 緊急時の対応
下記に従い、学校への電話の問い合わせは控えてください。

暴風警報または特別警報などの対応について


 

◆ 通常授業時の場合


◎台風接近等、暴風警報または特別警報発令時
(1)大阪府に午前8:00現在、暴風警報または特別警報(以下「警報」)が発令中の場合、臨時休校とする。
(2)発令されていた警報が午前6:30〜午前8:00の間に解除された場合、第2時限目より授業を行う。
(3)大阪府に警報が発令されていないが、生徒居住地域に警報(暴風警報,特別警報)が発令中の場合、
(ア)午前8:00現在、警報が発令中の場合は当該生徒は自宅学習とする。
(イ)午前6:30〜午前8:00の間に警報が解除されたとき、安全を確認して登校する。

大雨警報・洪水警報発令時
大雨や洪水に関する警報は、その影響を受ける地域が限定されることも考えられるので、生徒居住地域に大雨または洪水警報が発令中の場合は、保護者の判断により公欠扱いとすることができる。

 

◆ 考査期間中の場合


◎台風接近等、暴風警報または特別警報発令時
(1)大阪府・奈良県北部のどちらかまたは両地域に午前8:00現在、暴風警報または特別警報(以下「警報」)が発令中の場合、臨時休校とし、考査は順延する。
(2)発令されていた警報が午前6:30〜午前8:00の間に解除された場合、考査時間割表にしたがって、午前10時より順次考査を実施する。
(3)大阪府及び奈良県北部に警報が発令されていないが、生徒居住地域に警報(暴風警報,特別警報)が発令中の場合、
(ア)午前8:00現在、警報が発令中の場合は当該生徒は登校禁止としとする。
(イ)午前6:30〜午前8:00の間に警報が解除されたとき、安全を確認して登校する。

大雨警報・洪水警報発令時
大雨や洪水に関する警報は、その影響を受ける地域が限定されることも考えられるので、生徒居住地域に大雨または洪水警報が発令中の場合は、保護者の判断により公欠扱いとすることができる。

 

Jアラート発信時の対応について


登校前、大阪府および生徒居住地域にJアラートが発信された場合
自宅待機とします。その後、「日本の上空を通過」「日本の領土・領海外に落下」等の発信により安全が確認された時点で登校してください。始業時刻については柔軟に対応します。始業時刻に遅れた場合でも、遅刻とはなりません。

登下校の途中、Jアラートが発信された場合
落ち着いて、直ちに次の行動をとるように事前指導します。
(1)屋外にいる場合:できる限り頑丈な建物や地下施設に避難する。
(2)建物がない場合:物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。
(3)屋内にいる場合:窓から離れるか、窓のない部屋に移動するかし、窓およびカーテンを閉め、机の下に身を隠すなどして頭部を守る。

登校後、Jアラートが発信された場合
生徒が屋外にいる場合は、速やかに校舎や体育館に避難させます。室内では、窓およびカーテンを閉め、窓から離れて机の下に身を隠すなどして頭部を守るように指示・指導します。また、下校時などにJアラートが発信された場合は、安全確認ができるまで校内で待機させます。なお、緊急連絡が必要な場合は、緊急メールシステム「ライデンシステム」等で各家庭に連絡します。