HOME > SGH, 学校生活ブログ > SGH研究成果発表会

SGH研究成果発表会

2017/3/11

 平成28年度における本校の取組の成果を発表するため、3月10日(金)に「SGH教員交流会」を、11日(土)に「SGH生徒研究成果発表会」を実施しました。
SGH教員交流会では「課題研究の指導と評価の手法」「生徒の?(クエスチョン)から始まる授業づくり」というテーマで研修を行いました。全国から39名の先生方にご参加いただき、大変有意義な交流会となりました。
SGH生徒研究成果発表会では、「防災・減災」「格差・貧困」「医療・保健」の各研究領域から1,2年生3班ずつ合計9班が口頭発表を行い、このうちの2班は英語で発表を行いました。また、附属平野中学生2グループも招待し、「総合的な学習の時間」で取り組んだ研究成果を発表していただきました。
午後からは、1,2年生全60班と附属平野中学生数グループによるポスター発表を行いました。
準備が大変であったにも関わらず、説明する生徒はこれまでの成果を遺憾なく発揮し、積極的な質疑応答もみられ、非常に有意義な発表会となりました。
当日ご参加いただいたゲストティーチャーやTAの先生方、参会者の皆様からも貴重なご意見を頂戴し、今後の研究活動をより深めていける機会となりました。